「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
TOPページ

このブログに関して。

MMORPG「Ragnarok Online」(ラグナロクオンライン)の各種考察を行っています。
一般的な情報サイトでは扱っていないような、
そんなちょっと突っ込んだ情報を扱っています。
普通の情報が欲しい方は普通の情報サイトに行きましょう。
まったり更新。


記事一覧。
(新着記事はこのページの一番下にあります。)



まとめ的コンテンツ

 24.→GvG用語集

 32.→GvG小ネタ集

 11.→シーズモードとは


GvG(攻城戦)戦術考察

 38.→本気で「不死身のジークフリード」を使う 【理論編】
   39.→その2 【検証編】
 ・・・仕様が変わりすぎたので全面改稿。
   40.→その3 【防衛編】

 37.→無限ボルト
 ・・・全力でネタに走っても......いいんじゃない?

 30.→庭防衛
 ・・・どんな状況も楽しめる心、それが余裕。

 29.→時空を越えて
 ・・・ご利用は計画的に。
   36.→その2

 28.→歌うか踊るか絶叫するか
 ・・・ジョーク?何ですかそれ?

 25.→星に願いを
 ・・・ダンジョンでは壁に左手をついて歩こう。

 22.→赤いアレ
 ・・・対人での頭装備といえば?

 16.→魔法を「回避」する
 ・・・「射線」のお話。

 15.→ワープポイントワープポータル       (Up!)
 ・・・ご利用は計画的に。

 12.→聖体防衛vs聖体突入
   26.→その2
 ・・・攻めにも使える聖体降福。

 10.→パーティ編成を考える
   20.→その2 ダンサーは永遠のソロ?
 ・・・遠足は前の日が一番楽しい心理。

 5.→空きスロットで簡単Gv職を
   6.→その2
 ・・・いわゆる体験版。

 3.→絶対回復領域サンクチュアリ



各職考察

 35.→リンカーになろう!
 ・・・ソロでテコン育成。ソウルリンカーを「ソリン」と略す同志を募集中。

 31.→死亡販売機
 ・・・スマイルマスクは砕けない。

 14.→「バランス」を「極める」       (Up!)
 ・・・何気に情報提供の多い記事。

 4.→AGI職で魔剣に挑む
 ・・・ミステルテインをソロで倒す。しかも避ける。

 2.→小さな気遣いチャットキャンセル




それ以外の考察

 21.→はじめてのじんしんしょうあく
   23.→その2
 ・・・メンバーを効率よく募集する。

 13.→モッキンくんとイミューさん
 ・・・木琴とレイドの付け替えに意味はあるのか?

 7.→誤爆はなぜ起こる?ROチャットの謎仕様
   8.→その2
     9.→その3
 ・・・最も多くの時間をかけて書かれた記事。だが、人気はない。(´Д⊂

 1.→素肌と健康のために
 ・・・記念すべき第一記事。「アロエベラ」を科学する。
  27.→その2? アンティペインメントも科学する。


その他

 →リンク  2件追加。(07/03/01)

 →これからGvを始める人へ

 →当ページに関するあれこれ

 →FLASH「あるwizardの受難」

17.とても時間のかかるギャンブル ・・・公開停止(05/11/03)
18.射程をのばす ・・・公開停止(05/11/05)
19.ヒドラ池の真ん中で ・・・公開停止(06/07/22)
33.不死身の夢を追う ・・・公開停止(07/08/04)
34.ジークフリード徹底検証 ・・・公開停止(07/08/04)
[PR]
# by eaglewind3 | 2007-12-31 00:00 | その他
本気で「不死身のジークフリード」を使う 【防衛編】

まずは一番使うのが簡単だと思われる防衛でのジーク運用を考えましょう。
(3分間クッキング風に)

導入が楽なので、お試しに使うのであればおすすめです。
本格的に運用する前のテストにもなりましょう。


防衛でジークを使う場合の大きなポイントは
LPとの違いを理解することです。



ランドプロテクター(LP)

効果範囲・・・11×11
効果時間・・・300秒

範囲が広め。(はみ出して困ることも・・・)
効果時間が長い。(=不発に強い)
運用コストが低い。(一人で出せる+自由に動ける)
PTに関係なく、誰でも利用できる。
大魔法をほぼ完全に無効化する。

ADSなど飛び道具には無力。
ニューマやSWも置けなくなる。
敵に乗り込まれると逆に利用されてしまう。
触媒が必要。
術者が死んでも代わりを出すことが可能。


<その他>
大魔法の余波が地味に当たるので立ち位置に注意。



ムイミニ(・ω・)ポリーン




不死身のジークフリード

効果範囲・・・9×9
効果時間・・・60秒


範囲がちょっと狭い。
効果時間がかなり短い。(=不発に弱い)
運用コストが高い(二人必要+行動が制限される)
PTメンバーしか利用できない。
ほぼ全ての魔法を大きく軽減する。
全ての状態異常に対する耐性がつく。

ニューマが置けるのでADS、#シューティング、FAなども効かない。
SWを置くのも有り。
敵に入り込まれても大魔法を当てられる。
触媒が不要。
術者が死んだら、PTの関係で大抵は代わりを出せない。



<その他>
無効化ではなくあくまでも軽減なので、詠唱妨害されることがある。
グラビテーションフィールド(GF)は普通に当たる。
属性場で火力アップを狙える(が、実戦向けではない)






こうして見ると「逆」の性質を持っている項目が多いことに
気づかれたのではないでしょうか?

何度も言うようですが、漠然と使っても成果の上がらないスキルです。

最低限、指揮官の方はしっかりと特性を理解しておきましょう。








・・・・・・まあ、違いをつかんでおくことはとても大事ですが、
運用上は「不発しすぎたり雷鳥が死んだらLPを出す」
ようにセージに言っておくだけのことです。


騙してないよ、騙してナイッタラ。

→高コスト高リターン
[PR]
# by eaglewind3 | 2007-08-15 00:52 | 戦術考察