ワープポイントワープポータル
最終更新:07/06/12
******************************************************
対象職 Acolyte系 Clown Gypsy
******************************************************

Gvにおいて欠かす事のできないもの、ワープポータル。(通称ポタ)

地味なスキルではありますが限られた時間の中で戦うGvでは
移動時間を減らすことは作戦上非常に重要であるといえます。


今さら解説するまでもないのですがポタを活用する意義とは

ベースキャンプの設置

これに尽きます。

攻撃側、防御側共に復帰をスムーズにすることによって
突破を目指し、また防衛ラインを死守するわけです。
攻撃側には転戦を容易にする、というメリットもあります。

ついでにいえば最近の砦MAPはやたらと重いため徒歩で砦に向かうと
時間がとってもかかって鬱になれるのでますますお勧めできません。


それでも例外的にプロ北のセーブポイントは砦MAPに近いため
プロを中心に攻めるレースGなどはポタなしで攻める様子もよく見られます。

そのこと自体は全く問題ないのですが、
皆が皆それをやってしまうとプロ北のセーブポイントは大変なことになってしまいます。
カプラさんの叫びが聞こえてくるようです。

お互いが気持ちよく遊ぶためにも余力のあるGは是非ポタを活用しましょう。
人の少ないところを選べばGv終了後にまったり雑談もできますよ。



ところで、先述の通り砦MAPは重いので、
ポタはなるべく目指す砦の入り口近くに出すのが基本だったりします。

そこをあえて少し入り口から離れたところに出すGもあります。
なぜでしょうか。

ある程度しっかり防衛をしている砦には大抵「偵察」という役の人がいます。
配置場所は様々ですが必ず配置される場所として「砦の入り口」があります。

偵察役の人は砦に入ってくる人を観察して、その規模を中の人に伝えます。
余裕があれば職の内訳なんかも伝えたりします。
そうやって防衛ラインに注意や対策を促しているわけですね。
ある程度サーバー内の同盟事情に詳しい人の方がなにかと適しています。

つまり入り口から離れたところにポタを出すGは
偵察役に悟られないためにそうしている、ということです。
偵察から見えない位置で各種支援をかけておいて一斉に突撃する奇襲戦法です。

まぁ実際にはそれでも見えるのは見えるので伝達がいくこと必死なのですが、
砦前で支援のかけなおしなどして

「モンクが3人いるよ~。騎士は・・・」

なんて事細かに伝えられるよりはマシ、という判断ですね。
もしかしたら偵察の人がトイレに行ってるかもしれないじゃないか!
というあらゆる可能性を考慮する完璧主義な方はお試しください。


「それならいっそのことWP上にポタを出せばいいじゃん」 という
奇襲戦法の発展形があります。

しかし、WP上にポタメモをとろうとしてもワープしてしまうため、
普通はそんなことはできないわけですが、それを可能にする方法がいくつかあります。
今回はそれを紹介します。

******************************************************

ご注意。

サーバーによっては、同盟によっては、ギルドによっては、人によっては
嫌われる行為かもしれません。
それを理解した上で自己責任での使用を望みます。

当ページの目的は知識の共有化であり、
特定の戦術を否定、あるいは推奨するものではありません。
公式で明記されているバグの利用はまた別です。

ぶっちゃけて書くと、
使う使わないはともかく「こういうのもある」ということを知っておく事、
それ自体は別に悪い事ではないと思います。
こういった裏仕様を知らない人に突然にチーター呼ばわりされ、
結果としてトラブルに発展する、といったケースもまれにあります。
そんな双方にとって悲しい出来事が少しでも減ることを願ってやみません。




******************************************************

↓OK?


まず最もメジャーかつ簡単な方法は


「フリルドラcを購入する」


ことです。
アサシン、ローグを持ってる人はご存知でしょうが
消えてる状態だとWPに乗ってもワープしません。

これを利用してクローキング状態でWPに乗っかって「/memo」。

とっても簡単ですね。



その他の利点としてGv時間中であってもWP上ポタを簡単にとれます。
遠くからクローキングしてくれば偵察にも気づかれないでしょう。
(まさか入り口までサイト焚いてるとは思えませんし。)

欠点としては他のポタ要員にポタを分け与えることができません。
ポタをとろうとしても一瞬で砦内に移動してしまうのでメモする暇がないのです。
フリルドラcは高価なのでおいそれと貸せるものでもありませんしね。

なので人数があまりにも多いと、一人でポタ出しをする分
回転がむしろ悪くなってしまうので注意しましょう。

(05/07/18追記)
ポタを他のプリにメモさせることは可能なようです。
やり方はそのうちまとめます。
→こちらの記事の中ほどをご覧ください。



続いて未検証ながら月明かりの下で、を利用した方法。

メモをとりたい砦の前でポタプリにハイドしてもらいます。

月明かりの下で、を発動します。

プリがノックバックしてWP上へ

「/memo」


理論上はこれで可能なはずなのですが・・・
何せ試そうにもクラウンジプシーの知り合いなどいないため無理です。
激しく無理です。

ノックバックによってハイド状態が解除されてしまわない限りは成功するはずです。
障害物があると合奏が発動できないため
入り口の狭い砦だとつかえないかもしれません。

(07/06/12追記)
Web拍手にて、実行可能であるとのメッセージをいただきました。
情報ありがとうございます。




最後はKIAIでなんとかする方法です。



Gv中にレース状態になっている砦を探します。

その砦が落ちるのを待ちます。

待っている間にAlt+Mを開いてSCに「/memo」を入力しておきます。

砦が落ちます。

人が殺到します。ポタプリもやや遅れて突っ込みます。

詰まります。

詰まっている間にSC連打してメモをとりまくります。

砦内に移動後、引き返してポタを発動してみましょう。

運がよければWP上メモがとれています。



こちらは検証済み。
タイミングがシビアな上、運も絡むので大変です。

ポイントをお教えしますと

まず、ラグが発生しているかどうかは関係ありません。
WP上に乗った状態でラグが発生するとその間にメモがとれたりすることがあります。
が、その状態でとったメモは移動開始地点のメモだったりします。
やってみれば分かります。


ではどういう状態ならいいのかと言いますと、
純粋にWPの転送容量以上の人数がWPに殺到した場合です。
文字通り詰まっている状態です。

この状態だとWP上に乗ったのにあちらこちらと弾かれます。
WP上で動けないラグ現象とは全くの別物です。
どう別物なのかは下の説明が分かる人なら分かるのではないかと。


------------------------------ここから--------------------------------

同じセルを別々の人がクリックした場合、
あとからそのセルに到達した人が弾かれるのは誰しも経験的に知っているかと思います。


ラグと違って弾かれ中はサーバー上の座標も移動します。
メモコマンドはクライアント上の座標ではなく
サーバー上の座標を取得する仕様になっています。
また、サーバー上の座標はクリックした地点に完全に到達するまでは移動しない、
という仕様もありますので、ラグを利用してWP上にメモをとるのは不可能です。

移動が完了してサーバー上の座標も移動すると
その瞬間にMAPが切り替わってしまいます。
WP上にとどまっているように見えるのは
単にクライアント上で移動が完了した、という通知が
サーバー側に届いていないために起こる現象です。
処理に時間がかかっているとはいえ、処理の順番自体が変わるわけではないので
その間にメモ取得のコマンドを割り込ませることはできないのです。

お分かりいただけたでしょうか。

-------------------------ここまで読み飛ばせ--------------------------


何にせよ、WP詰まりが解消されるまでのわずかな時間が勝負です。

利点はもちろん何の道具も必要ないことです。

対して欠点は海の砂のごとくたくさんあります。


・実質Gv時間中しかできない。
・実質レース砦のメモしかできない。
・不確実性が多い。


などなど。

そもそもレース会場に偵察などいるわけがありません。
とったところで使い道もないわけです。



・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ワーオ!致命的!!


そんな微妙なものにも何とか活路を見出そうとするのが当ページの方針なので
頑張って考察してみましょう。


実際にレース会場のメモをとってレース中に使ってみたところ、
ラグの影響はしっかり受けるものの、弾かれ現象は起きませんでした。

ので、レース終盤の特にWPが詰まる時間帯で使えば
若干、中に入り安くなるのではないでしょうか。


ただしこれも注意があります。
弾かれてWP外に放り出されることはないものの、
基本的に転送される順番はWPに到達した順番です。

落城コールを受けて即飛び込む人達に比べ、
コールを受けてからポタに乗り込むのでは出遅れる恐れが大です。


本気で活用するなら、この際青ジェム消費は考えずに
落城するまでポタを出し続ける、ぐらいの覚悟が必要なのかもしれません。

Web拍手

[PR]
by eaglewind3 | 2005-07-01 01:37 | 戦術考察
<< 魔法を回避する 「バランス」を「極める」 >>