魔法を回避する

Gvでのメインとなる火力といえば何でしょうか。

すごく大雑把にいうと「魔法」と「阿修羅」ですね。
魔法で多くの敵を振るい落とし、抜けてきた精鋭は阿修羅で沈めるのが
今のところ防衛のセオリーとなっています。

転生職の登場によりなかなか強力な物理系スキルもでてきていますが、
基本的には変わらないですね。



阿修羅は物理スキルではないのかですって?

確かにそうなんですが
詠唱がある
詠唱妨害できる
必中する
属性が固定されている


など、魔法に通じる特性が多い阿修羅さんです。
だからといって黄金蟲cでは防げないので誤解のないように。


さて、この2つのスキル。
それぞれゴーストリングc(無属性75%減)と黄金蟲c(魔法完全防御)
によって防ぐことはできますが、まず手に入るような代物ではないので、
基本的には対策しようがありません。


ではあきらめるのでしょうか?



否!



断じて否!!



防御できないのなら・・・当たらなければいいんです!!!



では、その方法を考察してみましょう。

※昨今のGvは重いのでここにあげた手法が通用するかどうかは運任せかもしれません。
内容的にもどっちかというと小人数のPvで生きる技ですね。
でもまぁ、知ってて損ではないです。




******************************************************

1.叩く

有効度・・・低~中
使える職・・・全て

Gvではフェンcの効果がないので殴ればとりあえず詠唱妨害できます。
最初から詠唱妨害できないスキルは殴っても無駄です。

魔法は大概遠距離から飛んでくるので間に合いません。
弓職はそれなりに有効です。
魔法職はナパームビートなど詠唱の短い魔法で対抗しましょう。

阿修羅は近接しないと撃てないのでそこそこ有効です。
でも防衛の場合大抵サフラギウムかブラギの詩がかかっているので間に合いません。
阿修羅してきそうだな・・というのを先読みして殴りかかるのが大事。かも。

献身がかかっていると妨害できないので注意!



2.やられる前にやる

有効度・・・低
使える職・・・モンク?

これができたら苦労はしないわけですが・・・・・・
阿修羅で何もできずに沈むくらいなら阿修羅で沈め返してやりましょう。

でもやっぱり魔法は遠距離から飛んでくるので間に合いません。
残影から即阿修羅につなげるのは修正が入る予定です。



3.プロボックする

有効度・・・高
使える職・・・剣士系

叩く、との違いは

魔法と同じ射程があるので遠距離攻撃をものともしません。
献身対象者にも効果があります。

です。
ほとんどの人が習得していることもあって割とよく使われます。
自分だけでなく他の味方が狙われていたら助けてあげましょう。

イビルドルイドc使用者は妨害できないので注意!



4.マジックロッド、スペルブレイカーを使う

有効度・・・中~高
使える職・・・セージ系

プロボックよりクセがあるものの対魔法としては優秀なスキル。
決まるとなんとなくかっこよく見えるのは気のせいでしょうか。

Pvでフェン装備者にも効果があります。
(恐らく)献身対象者、イビルドルイドc装備者にも効果があります。



5.ソウルチェンジ、ソウルバーンを使う

有効度・・・無
使える職・・・プロフェッサー

詠唱中にSPが空になった場合、スキルは発動しない、という仕様を利用したものです。
・・・が、ネタです。制約が多すぎます。
一応紹介しますが使えません。

※あくまで詠唱妨害目的では使えない、ということです。
 ソウルチェンジは普通に強力スキルですよ。



6.隠れる

有効度・・・中
使える職・・・シーフ系(カード使えば誰でも)

ハイディングで隠れることによって魔法、阿修羅ともにかわすことができます。
ただし地属性魔法はダメージを受けてしまいます。
クローキング、チェイスウォークは大魔法をかわすことはできません。

ルアフしてないうっかりモンクさんにはハイドで阿修羅をかわしてやりましょう。
また、ルアフの効果範囲がかなり狭くなったので詠唱速度によっては

2歩後退→ハイド

でかわすこともできます。
それを見越してサイトを使う抜け目のないモンクさんもいますのでご注意を。
中の人もいろいろですね。


******************************************************


7.避ける

有効度・・・?
使える職・・・全て

さて、いよいよ本題に入ることにしましょう。
今までのは全て前フリです。
前フリが長いのは当ページの仕様となっております。


まず、ROでの対象者指定スキルは以下のような手順で発動します。

「射程」のチェック

射程範囲内なら詠唱を開始

詠唱完了時に「射線」のチェック

射線が通っていたらスキルが発動


「射程」も重要ですが今回必要なのは「射線」の方です。
射線とはなんでしょうか。

簡単にいえば「スキル使用者と相手を結ぶ一本の線」です。
こんな感じです。

             ギュイーン
ふぁいあーぼーる!>自○○○○○○○○敵<ちょwwwおまwww
                    ↑
                   射線

ななめだとこんな感じです。

□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□○○敵□□
□□□□□○○□□□□□
□□自○○□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□

□・・・移動可能セル
○・・・射線

この「○」のどこかにひとつでも障害物があると魔法は発動しません。
監獄でヒールがでなくて死ぬ原因は大抵これです。
ラグのせいではありません。
ラグのせいかもしれませんが。

監獄以前のアコライト時代にいくダンジョンではさほど障害物がないため、
射線がよく分かってない人でもなんとかなるものですが・・・ね。



それでは魔法を回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。

この「射線」のチェックは詠唱完了時に行なわれるため、
詠唱中に射線の通らないところに移動すればスキルが不発することになるわけです。

ところで、詠唱完了時に「射程」はチェックされないため、
範囲外に逃げるのは全くの無駄です。
敵が見えなくなるところまで逃げても無駄です。
たとえテレポートしてMAPの端から端まで飛んだとしても、
自分と敵の間に障害物がない限りは無駄です。
まずはこれを理解しましょう。


では実際に活用してみます。
砦MAPは砦なだけあって入り組んだ構造になってます。
当然、曲がり角も多いわけで。

とりあえずこの曲がり角での射線の通り方を見てみましょう。
地下水路をメインに狩る弓職の人は以下の図を覚えておくと役立ちますよ。



5セル*5セルの曲がり角をモデルとします。

□・・・移動可能セル
■・・・移動不可能セル
○・・・射線の通るところ
×・・・通らないところ

では、基本

■■■■■□□□□□■
■■■■■□□□□○■
■■■■■□□□○○■
■■■■■□□○○○■
■■■■■□○○○○■
■■■■■○○○○○■
□□□□○○○○○○■
□□□○○○○○○○■
□□○○○○○○○○■
□○○○○○○○○○■
○○○○○○○○○○■
■■■■■■■■■■■


ななめ45°の角度に対しては常に射線は通ります。
この図で射線の通ってないセルにも立ち位置によっては射線が通ります。
その辺りは勘で分かると思いますが。


次に、壁際に立った場合

(南西のカーブ)


■×××××■■■■■
■○××××■■■■■
■○○×××■■■■■
■○○○××■■■■■
■○○○○×■■■■■
■○○○○○■■■■■
■○○○○○○←□□□
■□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□



■□□□□□■■■■■
■□□□□↓■■■■■
■□□□□○■■■■■
■□□□□○○××××
■□□□□○○○×××
■□□□□○○○○××
■□□□□○○○○○×
■□□□□○○○○○○
■■■■■■■■■■■


基本図より1マス中に切り込んでも問題なく射線が通っています。
当然の事ながら○の位置に立っている敵からの攻撃も届くので注意。

(南東のカーブ)


■■■■■×××××■
■■■■■××××○■
■■■■■×××○○■
■■■■■××○○○■
■■■■■×○○○○■
■■■■■○○○○○■
□□□→○○○○○○■
□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□■


■■■■■□□□□□■
■■■■■↓□□□□■
■■■■■○□□□□■
×××××○□□□□■
×××××○□□□□■
×××××○□□□□■


なにやらおかしい所がでてきました。さすがRO
立ち位置の関係は同じなのに射線の通り方が違います。

(北西のカーブ)


■□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□
■○○○○○○←□□□
■×××××■■■■■
■×××××■■■■■
■×××××■■■■■

■■■■■■■■■■■
■□□□□○○○○○○
■□□□□○○○○○×
■□□□□○○○○××
■□□□□○○○×××
■□□□□○○××××
■□□□□○■■■■■
■□□□□↑■■■■■
■□□□□□■■■■■


パターンが読めてきましたか?

(北東のカーブ)


□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□■
□□□→○○○○○○■
■■■■■×××××■
■■■■■×××××■


×××××○□□□□■
×××××○□□□□■
×××××○□□□□■
×××××○□□□□■
■■■■■○□□□□■
■■■■■↑□□□□■
■■■■■□□□□□■


お分かりでしょうか?それぞれ

北から南
東から西

の方向へは極端に射線が通りにくくなっています。
プログラムミスらしいです。
詳しくは「まいにちあゆみのGvG戦術研究」というサイトに載せられているので
興味がある人は探してみましょう。



では避けてみましょう。(北=上)


□□□□被□加<ギュイーン
□□□□□■□
□□□□□□□


このような位置関係で詠唱開始された時、


○○○○○○加
×××××■○
××××××○
××××××○
××××××○


射線はこのようになっています。
つまり、


□□□□↓□加<ゆぴてるさんだー!
□□□□被■□<キカンワ!
□□□□□□□


と、こうなるわけです。
わずか1セルしか動いていません。


・・・しかし


□□□□□□□
□■□□□□□
加□被□□□□

ギュイーン


このような位置関係だったらどうなるでしょうか。


○○○○×○○
○○○×○○○
○○×○○○○
○■○○○○○
加○○○○○○


攻撃側の射線はこのようになっています。
雲泥の差ですね。


□□□□□□□
□■被□□□□<あべし!
加□↑□□□□

阿修羅はぉたたたたたたた


結果は明白です。

以上の考察より
魔法を回避したい時は北東の角に立つ
魔法を当てたい時は南西の角に立つ


のがベストである、という結論になります。



さて、次に難度は高いですが大魔法を避けてみましょう。


□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□□□□■■□□□□□□□■
□□□□□□■■□□□□□□□■
□□□□□□□□◎□□□□□□■
□□□□□□□□□攻□□□□□■<ぎゅいーーーん
□□□□□□□□□□□□□□□■

◎・・・地面指定スキルの指定セル

このような位置関係で大魔法をおいた場合


□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□△△△△△△△△△△△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇■■◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇■■◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◎◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇攻◇◇◇△□■<すとーむがすと!
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△△△△△△△△△△△□■

◇・・・ストームガストの効果範囲
△・・・効果範囲ではないがダメージを受けるセル(いわゆる余波)

こんな感じで魔法がでます。

効果範囲はこのように四角くでますがエフェクトは円形ででるので
見た目に頼ると痛い目を見ます。



×××××××○○○○○○○○■
××××××××○○○○○○○■
○○××××××○○○○○○○■
○○○×××××○○○○○○○■
○○○○○×■■○○○○○○○■
○○○○○○■■○○○○○○○■
○○○○○○○○◎○○○○○○■
○○○○○○○○○攻○○○○○■
○○○○○○○○○○○○○○○■


射線はこうなります。
壁際に立ったときよりかはやや複雑な射線を描いています。


□□□□□□□□□□□□□□□■
□□□××××▲△△△△△△□■
□□□××××▲◇◇◇◇◇△□■
□□□▲▲▲×▲◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇▲■■◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇■■◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◎◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇攻◇◇◇△□■<すとーむがすと!
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△◇◇◇◇◇◇◇◇◇△□■
□□□△△△△△△△△△△△□■

▲・・・射線は通ってないけど余波でダメージを受けるセル

最終的にはこうなります。
×のセルには攻撃オブジェクトが発生しません。
サンクチュアリで試すと分かり安いです。(7/18修正)



Gvに関していえば、防衛のWizは定点で魔法を撃つことが多いです。
それだけに位置取りはとても重要です。
障害物によって射線がさえぎられると大魔法を敷き詰めているように見えて
実は全くダメージが発生していないということになってしまいます。

さすがにそれは極端ですが。

それでもひとたびGvが始まってしまうと他の人の魔法も飛びかう上に
ラグ抜けも発生するため、まずそんな事には気づきません。
防衛中ずっときかない魔法を唱え続けるハメになるわけです。

なので防衛指揮を担当する人は配置の時点でそうした点に気をつけるべきでしょうね。

******************************************************

最初に述べた通り、最近のGvは多かれ少なかれ重いので
この回避策がうまく決まるかどうかは微妙です。

なぜかってラグで全員止まってても詠唱バーだけは普通に進んでたりします。
殴っても詠唱が止まらなかったりとかもうね。

その点Pvなら多 対 多ではなく個 対 個の戦いになるので
Pスキルを活用する場もきっとあるはずです。

華麗にかわしてキメ台詞を吐いてみたい方にお勧め。
そうでない方はさりげなくかわしてニヨニヨしましょう。

Web拍手

[PR]
by eaglewind3 | 2005-07-09 16:19 | 戦術考察
<< とても時間のかかるギャンブル~... ワープポイントワープポータル >>