はじめてのじんしんしょうあく

Gvをしようにも、共に戦う仲間がいなければお話になりません。
戦争とはすなわち数の暴力なのです。

ちなみに機械化が進んだ現代戦においては人数よりも物量がものをいいます。
どうでもいいですね。

さらに科学が進歩していくと、人数より物より、核をたくさん持ってる国が勝ち。
なんていう時代になるんでしょうね。
そうなると終わりですね。



のっけから話がそれました。



新たにギルドを立ち上げる時、ほぼ確実に問題になるのがメンバーの確保です。

募集方法にもいろいろありますが、
ここではチャットでの募集を重点的にとりあげたいと思います。
思わず入りたくなる募集チャットとは?


やり方は人それぞれなので参考程度に見てもらえたらと。




******************************************************

とかいいつつ、まずはチャット以外での募集方法を。



1.リアル友人をたよる

自分の友人でも、メンバーの友人でも。

長所は何かトラブルがあった時に連絡がつき安いところでしょうか。
短所は何かトラブルがあった時にゲームの話ですまないところでしょうか。

ゲームはゲーム、リアルはリアルと割り切る人には向いていません。

メンバーが自発的に友人を誘ってくれたりするとうれしいですね。





2.ゲーム内友人をたよる

できればギルドを立ち上げる時点でこれはすませておきたいところです。
「現在1名」ではチャット募集もままなりません。

集まったとしても、全く何も知らない人とギルド運営していくのはぶっちゃけ無理かと。
接続時間が合って、気心も知れている仲間が数人は欲しいですね。

新規でROを始める人も少なくなっている現状では、
独りでギルドを作ってのし上がる、というのは諦めた方がいいと思います。





3.スカウトする

2と重なる部分もありますが・・・。



・自分と同等あるいはそれ以上の勢力からの引き抜き。

新たにギルドを作成する場合、過去に在籍していたGからメンバーを引き抜く、
というのは割とよくあることのようです。
同盟を結ぶのでもない限り、元Gの不興を買うのは間違いありません。
そもそもギルドを抜ける時点で何らかのトラブルがあったのでしょうから、
いまさら嫌われたところでどうでもいいや感が漂うのでしょうね。



・非Gvギルドや自分より下位の勢力からの引き抜き。

「スカウトされたから脱退します」といって抜ける人はそうそういないので、
あんまりばれません。
大抵は「メンバーの別キャラが加入しているまったりG」とかからの引き抜きになるでしょう。
メンバーのつてが頼みの綱。



・臨時で一緒した人をスカウト。

一番スカウトっぽいスカウト。
「臨時好き」という人種は間違いなく存在します。
メンバーの中で、しょっちゅう「臨時いってきまーす」という
プリさんがいたらスカウトをお願いしてみましょう。

こればかりは中の人の性格にもかかってくるので無理強いはよくありません。


臨時でスカウトする場合のポイント

一回目では誘わない。何回か臨時で一緒になった人を誘う。
・・・警戒を薄れさせると共に接続時間が合っていることの確認です。
もしかしたらその人はたまたまその時間に
つないでいただけかもしれません。
幽霊GMはそれだけでギルドの雰囲気を悪くしてしまいます。

自分を魅力的な人間に魅せる。
・・・狩り中でも多少会話を折り混ぜつつ楽しく狩って
ターゲットに好印象を与えましょう。
それで効率が下がると怒り出すような人はお察しということで・・・

精算後に少し会話する。
・・・スカウトするとすれば、恐らく精算後でしょう。
スカウトする下地を作るためにも、
なんとか雑談ムードにもっていく話術が求められます。
解散後Wisはちょっと警戒されるかも・・・

フォローは忘れずに。
・・・スカウトで入ってきた人はチャット募集とは違い、
ギルドではなく「あなた」を見て加入してくれたのです。
他のメンバーとの橋渡し役になってあげましょう。




確かに手間はかかりますが、
三顧の礼で迎えたこの人は長く続くメンバーになってくれるでしょう。
きっとなってくれますよ。
たぶんなってくれるんじゃないでしょうか。
まぁちょっと覚悟は(ry



******************************************************

では本題に入りましょう。

4.チャットで募集する



・ギルドHPのアドレスを書いて募集

○字数制限にとらわれず細かい説明ができる。
○HPに掲示板を設置することで鯖落ちも怖くない♪
×アドレスは手打ちしないといけないから面倒臭くて見る人が減る。
×HPの「出来」が多かれ少なかれギルドの印象につながる。
×Gvギルドの場合、情報流出の恐れがある。
×5人に1人は「見れないんですけど・・・」と言い出す。


こうした欠点を解消するために、募集説明用のブログを作るのが当ページのお勧めです。

ブログなら初心者でも体裁の整ったものが作れますし、
メンバー用HPの情報が流出する恐れもありません。
コメント欄が標準でついてるのでcgiを借りる必要すらないです。
アドレスも短くて簡単なのを適当につければおっけー。





・ギルド情報をチャットに書いて募集(AFK)

○メジャーなやり方。多くの人がやってるというのはそれだけで安心要因。
○時間がなくても募集できる。2PC持ちならなおよし。
×有名Gでもない限り、あまり書き残してくれない。
×サーバーキャンセルの恐怖(´・ω・`)
×テロの恐怖(´・ω:;.:...
×いざWisするとつながらない。結局うやむやに。


欠点はお金で解決!
新アカウントとって新PC買って光ファイバーを導入しましょう!!!
テロ対策にオーラ!!!!!
(経験値0%にしておけばいいのは秘密)





・ギルド情報をチャットに書いて募集(在席)

○チャットに入ってくる確率はAFKより圧倒的に上。
○待ち時間を使って本を読むなり勉強するなり仕事するなり。
×時間がとられる。その割りに成果がないことも多い。
×変な人が入ってくることも・・・
×同じ事何回もいうのが・・・
×総合的にいって精神がつかれる。





・ギルドメンバー総出で募集(もちろん在席)

○目立つ。ライバルはイッパイいるので目立つのは大事。
○一人だと退屈な募集も雑談でフゥーー!
×圧迫感があるので人が入ってきにくい。
×メンバーの予定もいろいろなのであまり長時間してられない。
×しょっちゅうやると狩り好きメンバーに隠れた不満が溜まったり。


ギルド会議兼用という感じにするとよろしいかも。



******************************************************

これで4種類のチャット募集方法がでたわけですが、
どれが最も有効だと思いますか?





結論をいうと、組み合わせて使うのが最善です。



では、どう使い分けるのでしょうか。

まず、募集説明用ブログを作りましょう。
2,3時間もあればできるはず。

できたらPT名か職位を利用してアドレスを貼り付けましょう。
チャットタイトルがアドレスでもいいのですが、
できたらそこは自分で文章を考えるほうが暖かみがあります。


基本は在席での募集であると心に銘記してください。
日本人は自己アピールが苦手です。
AFKチャットでPRよろ~で書き残してくれる人はそうそういません。

なので、AFK募集は「ギルドの宣伝」と割り切りましょう。





可能なら毎日チャットを立てましょう。
ギルドを探してる人はそれを見てあなたのギルドの存在を知ることができます。

いつも同じ時間帯、同じ場所でチャットを立てておいた方が
ギルドの宣伝効果としては上です。
その辺りはギルドの知名度を考慮してください。



そうしている内に「入ってみようかな?」と思っちゃったりする人もでてくるでしょう。
ただ、上記でも書いた通り、AFKチャットに自己アピールを書き残していくような
積極的人間はそうそういません。

そこで今度は同じ時間帯、同じ場所で「在席」で募集しましょう。
いつもと違って在席であることがはっきりわかるように先頭に書きましょう。

それを見た人は「お、今日は在席なのか・・・じゃあ話をきいてみようかな」と思います。

他の在席募集してるギルドとどう違うのかって?


重要なのは 「今日は」 の部分です。
これには


「今日を逃したら次はいつになるかわからない」


という心理が含まれています。
まあ、百貨店とかの「○○限定セール!!1!!11」
みたいなものです。

限定されると人は欲しくなるものです。





さらに他の突発的に在席募集してるギルドと違う点があります。
それが事前のCM効果です。

テレビのCMを繰り返し見ていると、一度もその商品を買った事がないのに
その商品が素晴らしいものであるように錯覚させられてしまいます。

そこまで思わなくても、
例えばスーパーにソースを買いに行って、キッ○ーマンソースと謎会社のソースが
同じ値段で陳列されていたらどちらを買うでしょうか?

キッ○ーマンが嫌いとかそういう個人的な意見は置いといて、
全体として見れば、圧倒的に知名度のある方が購入されるわけです。



つまり、何が言いたいのかといいますと、
毎日AFK募集しているだけで、勝手に自ギルドに対する警戒心を薄めてくれる。
ということです。

便利ですね。

特に真剣にギルドを探して毎日募集広場をチェックするような人ほど
この一連の流れがコンボのように決まります。



ここまでの流れ

毎日AFK募集で知名度UP&警戒度DOWN

毎日だしてればめんどくさいGHPも一回くらいは見てくれるかな?

ある日突然、今日だけ限定在席募集!を行なって焦らせて決断を後押しする

メンバーゲット( ゚Д゚)


この手法はソロに寂しくなった人やちょっと内気な人をターゲットにしています。
定位置でチャットを出す必要もあるため、募集広場のど真ん中よりは
やや隅の方を確保し、1人で募集して、入りやすい雰囲気を作りましょう。
チャットの文面も毎日少しずつ変えるなどして人間味を見せましょう。



今までオレが見た限りでは、


「ずーーーーーっとAFK募集」←大手に多い

「時々、あるいは突発的に在席募集」←新設に多い


のどっちかのパターンが多かったです。

いってみれば前者は
「大々的にCM展開しているのにどこの店を探しても商品が売ってない」状態です。
(´・ω・`)な感じです。

後者はキッ○ーマンの横に並べられている謎会社のソースです。
買う人が0ではありませんが(´・ω・`)な感じです。


大手同盟などは既に知名度があるので、AFK募集などせずに
いきなり在席募集でいいと思います。
とはいえAFKでも人が十分来るからこそ大手といわれるのかなぁとも思ったり。
逆に新設はAFKでも構わないので継続的な募集が必要でしょう。

宣伝効果を見込んだAFK+在席。ぜひ実践してみてくださいな。





オマケ(・ω・)ポリーン

「毎日AFK募集で宣伝になるなら毎日在席!これ斎京w」
とおっしゃる方。

確かにチャットに入ってくる人数としては多いと思われますが、
「今日だけ限定」の効果は薄くなっているので在席募集した時間の割りに
加入者が少ないかもしれません。
最悪「毎日してるならもうちょっと様子見てからでもいいや」とか思われる恐れもあります。

といっても統計をとったわけでもなんでもないので己の信じる道を突っ走ってください。
きっと報われる(はず)です。



毎日在席で募集する場合は、中の人の精神的な負担も考えて、
ギルド内でローテーションを組んで行なうのがいいと思います。

これには「たくさんの人が運営に関わっていて活気のあるギルドだな」と
思わせる効果も狙っています。



AFKの募集でも同じことが言えてしまったりするのですが、
一度でも在席募集をやったことのある人なら、
毎日違う人が在席募集という凄さが分かってくれると思います。


・・・・・・・・・・・・


分かってくれたらいいな・・・・・・・・・・


******************************************************

在席募集なのにチャットに入るのをためらってしまう人は
「話を聞いてみてやっぱり合わないと思った時」の事を恐れている場合が多いです。

つまるところ彼らの中にあるのは

「断るのが怖い」という日本人的弱さなんだと思います。

しかし、それは裏を返せば

「せっかく時間をとって説明してくれたのに断るのは申し訳ない」
という日本人的優しさだと思います。


そんな心優しいヤツラを皆さんどうぞギルドに迎えてやってください。




・・・とはいえ、ギルドが照れ屋な方々で埋め尽くされるとそれはそれで問題です。(非道
全員が誘われ待ちな人だとG内狩りが成り立ちませんし、
全員がツッコミな人だとGチャットのない寂しいギルドになってしまいます。

ネタを振るのが大好きな人、目立ちたがり、仕切りたがり、誘いたがりな人も
ギルドには適度に必要なのです。
適度にね。

そういう人を迎え入れるには?

というところで次回に続きます。

Web拍手

[PR]
by eaglewind3 | 2005-08-31 21:39 | 一般考察
<< FLASH パーティ編成を考える その2 >>