星に願いを
対象職 Wizard系
******************************************************

防衛戦術にもいろいろあります。
新たなパッチがあたると、戦術も変化するため、
指揮する立場にいる人たちは悩ましい日々を送っていることでしょう。


ある戦術を採用する際に防衛側が特に重視するべきなのは

「確実性(安定性)」

であるといえます。なぜでしょうか。


リスクが高い、というのは
よい時と悪い時のぶれ幅が大きい、ということです。

そして防衛というのは常に「最悪の状況」を想定しなければならないものだからです。


一方、攻撃側は「最高の状況」が生まれる一瞬にかけているので
リスクの高い戦術は大歓迎です。


少々話が抽象的に過ぎたでしょうか。
具体例をあげてみましょう。



ゴスペル。

パラディンの花形スキルであり、味方にランダム支援を、敵にランダム攻撃を行なう
一粒で二度おいしいスキルです。
特に、ALLステータス+20の効果はGvに新たな戦術をもたらしました。

ではこのスキルを有効に使うことができるのは攻撃側でしょうか、防衛側でしょうか。





+20が出た時にロキつぶしに突撃すればいい攻撃側。
+20が出た時に毎回敵が来てくれるわけではない防衛側。





答えは簡単ですね。

いくら素晴らしい効果であっても、必要なときに発揮できなかったら意味がありません。
不確実性というものは防衛する側にとっては可能な限り排除したいものなのです。

しかし、防衛をする上でどうしてもはずすことのできない気まぐれさんがいます。







その名をメテオストーム。







重力乱数にはマケナイ。




******************************************************

MSの何が不確実かといいますと、その効果範囲にあります。


◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆☆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆

☆・・・MS指定ポイント
◆・・・隕石が降ってくる範囲


7x7=49セルのうちのどこかのセルにランダムで隕石が降ってくる仕様です。
Lv10を使った時、隕石は1秒間隔で7個降ってきます。
1個あたりの隕石の攻撃力はファイアーボルトLv5と同じです。



□□□○○○○○○○
□□□○○○○○○○
□□□○○○○○○○
◆◆◆○○○★○○○
◆◆◆○○○○○○○
◆◆◆○○○○○○○
◆◆◆☆○○○○○○
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆

★・・・隕石落下点
○・・・隕石の攻撃範囲

一番右上のセルに隕石が落ちた場合の図です。
どこに隕石が落ちても最初の詠唱地点には隕石の攻撃が及びます。
つまり、中心に限っていえば100%の火力を常に出すことが出来ます。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆☆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

隕石の攻撃範囲を加味すると、MSの効果範囲はこのようになります。
落下範囲と効果範囲は別物なので注意しましょう。

落下範囲内に障害物があった場合、
その上に落ちた隕石は完全に無効化されてしまいます。

この表だけ見ると、MSの効果範囲は広く見えますが、
隕石1個の攻撃範囲は狭いので、ダメージにものすごいムラが生まれてしまいます。







下の表は隕石が1個振ってきた時に当たる確率を示しています。
7x7=49セル範囲にランダムで振るので49分率で表しています。
百分率に変換するのがめんどうくさかっ



01 02 03 04 05 06 07 06 05 04 03 02 01
02 04 06 08 10 12 14 12 10 08 06 04 02
03 06 09 12 15 18 21 18 15 12 09 06 03
04 08 12 16 20 24 28 24 20 16 12 08 04
05 10 15 20 25 30 35 30 25 20 15 10 05
06 12 18 24 30 36 42 36 30 24 18 12 06
07 14 21 28 35 42 49 42 35 28 21 14 07
06 12 18 24 30 36 42 36 30 24 18 12 06
05 10 15 20 25 30 35 30 25 20 15 10 05
04 08 12 16 20 24 28 24 20 16 12 08 04
03 06 09 12 15 18 21 18 15 12 09 06 03
02 04 06 08 10 12 14 12 10 08 06 04 02
01 02 03 04 05 06 07 06 05 04 03 02 01



隕石を受ける確率=ダメージの期待値
ともいえます。

つまり、

◆◆◆◆◆◆○←
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆☆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆

○の位置のMS火力は中心の約1/3になってしまう、ということです。
さらに付け加えると、所詮は期待値なので、
いつもいつも1/3のダメージを与えてくれる保証などどこにもありません。

また、落下範囲外の攻撃力はほとんど期待できないこともわかります。


ここまでをまとめると
「MSの効果範囲は広いけど、ダメージを期待できる範囲は非常に狭い」
ということです。



*****************************************************


続いて仮想MAPを用いて実戦での効率的なMSの降らし方を考察しましょう。



■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□攻撃側□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□→
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□防衛側□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

■・・・移動不可能セル
□・・・移動可能セル
▲・・・移動不可能だが射線は通るセル。いわゆる崖。

とりあえずの想定MAP。
崖防衛で迎え撃ちたい地形です。

さて、あなたが防衛側のWizだったなら、
MSはどこのポイントに撃ちますか?








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆☆◆◆◆□□□□□□□→
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

☆・・・MS指定ポイント
◆・・・隕石落下範囲

ここ?





わかっています。
恐らく99%以上の人は違うところを選んでいると。
しかしそれでは話が進まないのでここを選んだ事にします。
というかさせてください。


ところで、そう書くと間違いなのかと思われそうですが、
別に間違いではありません。
障害物に落下範囲がかぶらない、効率的な配置です。

しかし皆が皆ここにMSを降らすと大問題です。





どう問題なんでしょうか。

■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□\□□■■■■■■■
■□□□□□\□■■■■■■■
■□□□□□□↓■■■■■■■
■□□□□□□↓■■■■■■■
■□□□□□□↓■■■■■■■
■□□□□□□↓■■■■■■■
■◆◆◆◆◆◆★→→→→□□□
■◆◆◆◆◆◆◆\□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□\□□□□□
■◆◆◆☆◆◆◆□□→→→□□→
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

矢印・・・敵の進路

大魔法地帯を抜けるときには

「最初の1クリックが大事!」

と、よく言われます。
半分くらいはラグ抜けを期待してのことですが、
敵の前衛に捕まらないための工夫ともいえます。


いずれにせよ、1クリックで可能な限り遠くに進もうとすると、
必然的にキャラは最短距離を進むことになります。


つまり、敵の進路はある程度事前に予測することが可能です。


もちろん、世の中にはいろいろな人がいますから、
裏をかこうとするヤツはいくらでもいます。
撹乱目的で入ってくる敵もいます。

それでも、HPに自信のない職が
このルートを通ろうとする可能性は案外高いのです。

ですが、先ほどの位置にMSを集中させていると
敵が落下範囲の中に留まる時間はわずかに★部分の1セル。
なんだか悲しくなってきます。






■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■◆◆◆○○○★□□□□□□□
■◆◆◆○○○○□□□□□□□
■◆◆◆○○○○□□□□□□□
■◆◆◆○○○○□□□□□□□→
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

○・・・★地点にダメージを与えうる隕石の落下範囲

その★地点を通る敵にダメージを与えられる確率はわずかに16/49です。(≒1/3)
隕石の落下率はダメージの期待値に直結します。
なだれ込む敵に対してわずか1/3の火力で迎え撃つなどと、
余裕をかましている場合ではありません。




■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○★○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□→
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

×・・・障害物のため不発になってしまう落下範囲

最低1人はこの位置にMSを撃ちましょう。
40/49の確率で隕石が当たります。
障害物が落下範囲内にあるため、総合的な攻撃力は下がってしまいますが、
局地的にはかなりダメージが上がります。

だからといって皆が皆この位置にMSを降らすとまたまた大問題です。
MSは重ねがけが魅力のスキルですがあまりにも集中しすぎるのはダメです。
水だって飲み続ければ毒と化すのです。
適度に分散させましょう。






しかし分散させすぎても重ねがけの魅力がなくなってしまいます。
どのようにMSを配置していきましょうか。
ここからは砦によって違いますが、
とりあえず仮想MAPでは下記のような配置が考えられます。

■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□○○○★○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○☆○○○□□□□→
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

別のWizが☆の位置にMSを撃てば、
壁際と最短距離の両方をサポートできます。
★地点の火力は28/49です。
それなりな火力を発揮します。



■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■◆◆◆○○○○■■■■■■■
■◆◆◆○○○○■■■■■■■
■◆◆◆○○○○■■■■■■■
■◆◆◆☆○○★○○○□□□□
■◆◆◆○○○○○○○□□□□
■◆◆◆○○○○○○○□□□□
■◆◆◆○○○☆○○○□□□□→
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■□□□◆◆◆◆◆◆◆□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

味方同士で相談しつつ、
こっち側の壁も補強しておきましょう。
中心火力もあがってウマウマ。




■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■△△△○○○○■■■■■■■
■△△△○○○○■■■■■■■
■△△△○○○○■■■■■■■
■○○○★◎◎★◎◎◎△△△□
■○○○◎◎◎◎◎◎◎△△△□
■○○○◎◎◎◎◎◎◎△△△□
■○○○★◎◎★◎◎★△△△□→
■△△△○○○◎○○○△△△□
■△△△○○○◎○○○△△△□
■△△△○○○◎○○○△△△□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

★・・・MS指定ポイント
△・・・MSが振る範囲
○・・・MSが2つ重なっている範囲
◎・・・MSが3つ重なっている範囲

MS担当が5人いるとして、こんな感じで。
一番右のMSはもう少し中心によせてもいいかもしれません。
この範囲をSGやFW、範囲の広いLoVなどを駆使して囲っていきます。

後は前衛さんと阿修羅さんに全てを任せましょう。




オマケ(・ω・)ポリーン

■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○○×××■■■■
■□□□○○○★○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□
■□□□○○○○○○○□□□□→
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

この位置にMSを撃つと不発がでるから効率的ではないのでは?
と思った方。


現実の砦MAPには7x7の広さのある防衛地点はほとんどありません。
防衛に向いているのは往々にして狭い場所なのです。

7x7より狭い場所にMSを撃つと、どうやっても必ず不発範囲ができてしまいます。
1列分不発するだけで火力は42/49と大きく減ってしまいます。


ところが、↑の図の★地点にMSを撃つと、
通路が4x4より狭くならない限り40/49の火力を保つことができます。
やや非効率的ながらも意外としぶとい撃ち方なのです。

狭い場所で戦う時は「でっぱりにMSをかぶせる」ことを心がけてみましょう。



注意をひとつ。
曲がり角でMSを撃った時、詠唱完了時に射線の通っていないセルは
障害物と同じく不発セルになってしまいます。
詠唱完了後に移動してもそれは変わりません。

MSは使いどころの難しいスキルであると意識しておきましょう。


******************************************************


では、続いて敵が裏をかいた進路をとった場合。

■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□/□□□□■■■■■■■
■□/□□□□□■■■■■■■
■↓□□□□□□■■■■■■■
■↓□□□□□□■■■■■■■
■↓□□□□□□■■■■■■■
■↓□□□□□□■■■■■■■
■↓□□□□□□□□□□□□□
■↓□□□□□□□□□□□□□
■↓□□□□□□□□□□□□□
■↓□□□□□□□□□□□□□→
■↓□□□□□□□□□□□□□
■↓□□□□□□□□□□□□□
■→→→→→→→→→→→→→→
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

中心は火力がものすごいので、少々遠回りですが壁際を通っていくルート。
SGなんてキニシナイ。という騎士系がペコの足に任せて駆け抜けることがあります。

こう来られた場合、どういった対処をすればいいでしょうか。







実はこのルートに対してWizができることは多くありません。

■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■◆◆◆◆◆◆◆□□□□□□□
■○○○☆◆◆◆□□□□□□□→
■○○○○◆◆◆□□□□□□□
■○○○○◆◆◆□□□□□□□
■★○○○◆◆◆□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

☆・・・MS指定ポイント
○・・・★地点にダメージを与えうる隕石の落下範囲

★地点への火力密度は16/49です。




■□□□↓□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■○○○○◆◆◆□□□□□□□→
■○○○○◆◆◆□□□□□□□
■○○○○◆◆◆□□□□□□□
■★○○☆◆◆◆□□□□□□□
■×××××××▲▲▲▲▲▲▲
■×××××××▲▲▲▲▲▲▲
■×××××××▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

×・・・障害物によって不発になってしまう隕石の落下範囲

★地点への火力密度はやっぱり16/49です。

壁際に詠唱地点をずらしても、
障害物が邪魔をして火力があがりません。

Wizの数を増やせば「火力」はあがるでしょう。
しかし、「密度」をあげることはできないのです。

曲がり角のない防衛場所でも壁際であれば
その火力密度が28/49よりあがることは(基本的に)ありません。





Wizが対処できないのであれば、他の職の出番です。
Gvは1人で戦うものではありません。


※罠を置く。

味方も引っかかるので相談は必要ですが、
上の図の★地点のような場所はさほど邪魔にならないでしょう。
もし引っかかればいくらHPの高い職でも致命的ダメージを受けることになります。


※前衛を配置する。

壁際に固定でアサシンなどを配置します。
有効ですが、敵が攻めてくるとたぶん釣られていってしまいます。
気持ちはわかりますけどね・・・・


※ハンター系を配置する。

これなら壁際に立たせる必要はありません。
「壁際ルートを通る敵を優先して足止めする」ように伝えておきましょう。
状態異常ASが普通ですが、足止めという観点からはやや弱めです。
崖上からブラギを使ってファルコンアサルトも悪くないです。
ボスc持ちが分かっていれば通常攻撃もしくはDSで粘着することもあるかもしれません。


※それでも魔法を使う。

WP出現位置へのQMにはデメリットもありますが、
移動速度の減少はダメージの底上げになります。
まあダンスで事足りてしまうわけですが。

■□沼沼沼沼沼□■■■■■■■
■□沼沼沼沼沼□■■■■■■■
■□沼沼沼沼沼□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□□□□□□■■■■■■■
■□□炎□□□炎■■■■■■■
■□炎炎□□□炎炎□□□□□□
■炎炎□□□□□炎炎□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□☆□□□□□□□□□→
■炎□□□□□□□□□□□□□
■炎炎□□□□□□□□□□□□
■□炎炎□□□□□□□□□□□
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
■□□□□□□□□□□□□□□
■□□□□□□□□□□□□□□

☆・・・Wiz

魔法配置の一例。
QMによる妨害と壁際の足止めと両方受け持ちます。
FWを壁際に縦にだすか、範囲重視の斜めかは好みで。
もちろん崖に近い位置に対しては崖上のWizにまかせても構いません。
QMを貼りつつHDなどの詠唱の短いスキルをはさんでいってもいいでしょう。
SCも使えなくもないです。
反面、命はおぼつかないので火力の強いところにいるようにしましょう。









チョッピリデカイヨ(・ω・)マスタリーン

壁際の火力は低くなる法則。
防衛時には苦労させられますが、
攻撃時には逆に利用してやりましょう。

イビルドルイドcを使うと、
FWによるヒットストップが無効になります。(ダメージは上がります。)
また凍結防止も兼ねているので、
HPさえ尽きてしまわなければ、大魔法地帯を抜けやすくなります。

MSのダメージが上がるのは致命的なので、壁際を通りましょう。
それでもすごい痛いとは思いますが。
属性肩装備も併用した方がいいでしょう。


それにしてもこの戦法、回復代がばかにならないです。
ロキを抜けたらすぐWiz部隊に攻撃できるような砦の形状だったり、
1人でも敵を削れるくらい攻撃力に自信があったりと、
「自分1人だけが抜ける」
ことに価値があるような状況でない限りお勧めしません。

また、騎士系以外の職には全くお勧めできない戦法なのでご注意ください。



******************************************************


確かにGvにおいて数は大事です。
しかしそれ以上に大事なのが今の人員で最高の力を発揮する努力です。

それには「連携」をとることが求められます。

好き勝手に魔法を撃つのと、きちんと役割分担して撃つのでは、
Wizの人数が同じでも攻撃力は変わってくるはずです。


防衛はつまらないと嘆く前に、考えてみませんか?
話し合ってみませんか?

魔法があるからWizardなのではありません。













考えること。

これこそ我らWizardの誇りっ。

Web拍手

[PR]
by eaglewind3 | 2005-11-05 23:09 | 戦術考察
<< 闇が光を飲み込む日 Gv用語集 >>