本気で「不死身のジークフリード」を使う 【理論編】
第一稿(06/07/15)
レジストポーション再実装につき改稿(07/03/04)
仕様変更につき改稿(07/08/04)
最終更新(08/01/10)



ラヘルスパッチにより再びGvG戦術が変わろうとしています。

新スキル、新アイテムももちろんですが、
その影響で既存スキルにも再考察の余地が生まれてきています。


その中で一際輝くようになったスキルが「不死身のジークフリード」です。
合奏スキルで、PTメンバーにのみ効果があります。
Lv5なら



「無属性以外の全ての属性攻撃耐性+80%、状態異常耐性50%付与」



という効果。
このスキルを使って色々やってみようじゃないか企画です。



このスキルは闇雲に使っても絶対に成果を上げることはできません。
仕様に対する理解と、PTの協力が必要です。

よく分からないままにとりあえず使ってみて、微妙という判断を下してしまうなら
それはとても寂しいことです。

この記事がわずかでもGvの発展になれば幸いです。




その前にいつもの。

******************************************************

ご注意。

サーバーによっては、同盟によっては、ギルドによっては、人によっては
嫌われる行為かもしれません。
ついでに言うと、いつの日か修正が入るかもしれません。
それを理解した上で自己責任での使用を望みます。

当ページの目的は知識の共有化であり、
特定の戦術を否定、あるいは推奨するものではありません。
公式で明記されているバグの利用はまた別です。

******************************************************






 

WP超えジークフリード。

もちろん、今までも使われることはあったのですが、あまりメジャーではありませんでした。
その大きな理由に「合奏発動者には合奏の効果がない」ことがあげられます。

WP超えでジークをせっかく展開しても
10秒無敵が切れるとあっという間に魔法で死んでしまうので、
本当に有効に使うのなら2組の雷鳥で発動させ、
お互いがお互いをジークで保護しなければなりませんでした。

それがため、多くのギルドにとっては手の出ない、
また手が届くギルドでもそこまでしてやる価値があるのか、ということになり、
あまり日の目を見ることがなかったわけです。



もうひとつの理由として、状態異常に関するバグが
長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い長い間続いていたことです。

このせいで要求される装備とステータスが非常に高いこととなり、
結果として「強そうだけどめんどくさい」スキルになっていました。



しかし今、状況は変わりました。
雷鳥の魂で合奏も自分にかかるようになり、
1組の雷鳥でジーク攻めができるようになったのです。

さらに、懸案であったバグもめでたく修正され
本当に「本気で」ジークフリードが使えそうなスキルになってきました。



それでも使うかどうか迷っている方々へ、
まずは仕様を理解するところから始めてみましょう(`・ω・´)
相手が仕掛けてきた場合も冷静に応じることがきっとできるはずです。









本題に入る前に、ジークを扱う上で重要である「属性相性と属性耐性」
話から入ることにしましょう。



まず、プレイヤーが同時に持つことのできる属性は一種類です。
S属性鎧にソードフィッシュc挿そうが一種類です。

水Lv1の敵にLoVを撃つと175%のダメージを与えます。
不死Lv1の敵にFBを撃つと125%のダメージを与えます。

このように、
○○の属性が△△の属性に□%ダメージを与えるかは固定で決まっています。

これが「属性相性」です。




それとは全く別に、独立して
「○○の属性から○%のダメージを軽減する」という
効果がある装備、あるいはアイテムが存在します。

これが「属性耐性」です。


つまり、「属性相性」はどちらかと言えば「仕様」であり、
「属性耐性」はプレイヤーが持つ「ステータス」です。




「相性」と「耐性」は乗算で計算されます。


例えば、水鎧(風相性175%)と風肩(風耐性+30%)を
同時に装備して、LoVを受けた場合ダメージは

175%*(100-30)% = 122.5%

となります。
52.5%分もLoVのダメージを減らすことが出来ますね。

このように、
属性相性での弱点を補うような属性耐性装備をつけたとき、
少ない耐性でも大きな効果を得ることができます。



火鎧(火属性相性25%)とジーク(全属性耐性+80%)でMSを受けた場合、
25%×20%=5%のダメージになります。
属性鎧のみとジークの組み合わせではダメージを0にすることはできません。





属性は一種類しか持てませんが
耐性は複数、重ねることができます。

同じ属性への「耐性」が重なったとき、加算で計算されます。

水鎧(風相性175%)と
風肩(風耐性+30%)と
風レジP(風耐性+20%)を
同時につけて、LoVを受けたときダメージは


175%*(100-30-20)% = 87.5%


となります。

ジャックc(火属性耐性+30%)+ジーク(全属性耐性+80%)でMSを受けた場合、
30%+80%=110%耐性となり、
火属性攻撃が完全に無効化されます。





では、違う種類の耐性が重なったときは?
これは乗算で計算します。

水鎧(風相性175%)と
風肩(風耐性+30%)と
人盾(人耐性+30%)を
同時につけて、LoVを受けたときダメージは


175%*(100-30)%*(100-30)% = 85.75%


となります。
耐性の合計値自体はこちらの方が10%高いわけですが、
さっきの例と比べて、あまり変わりませんね。






特化武器を作るときは乗算になるように違うカードを混ぜて作る・・・
これは誰もが知っているであろう常識。

ですが、ダメージを軽減したい場合はその逆で
同じ種類の耐性で揃えたほうがよりダメージを特化して軽減できます。



次に、最もよく誤解されているであろう
アシッドデモンストレーション(ADS)との関係です。


ADSは「強制無属性」攻撃です。

属性相性は常に 「無属性 vs ○○属性」 となります。

なので念属性になれるゴーストリングc以外のどんな属性も
ADSのダメージには何の影響も及ぼしません。



しかし、属性耐性は違います。
レイドリックc(イミューン)を装備することで
ADSのダメージを20%軽減することができます。


ジークは無属性以外の全ての属性を80%軽減するため
ダメージを与える側は無属性武器を使う以外の選択肢はなくなってしまいます。

ですから、レイドリックcをつけておけばいいわけですね。

ジークを使う場合、肩装備を使うことで簡単に100%耐性を得ることができますが
イミューン装備で統一しておくことをおすすめします。





簡単に?解説しましたがいかがでしたでしょーか。
では、本題に入りましょう。




※「属性攻撃耐性+80%」について



今まででもなかなか優秀な効果でしたが、ノーグハルトパッチで実装された
「レジストポーション」(通称レジP)がこの戦術を大幅に強化しました。

レジストコールドポーション=水属性耐性+20%、風属性耐性-15%
レジストファイアポーション=火属性耐性+20%、水属性耐性-15%
レジストアースポーション=土属性耐性+20%、火属性耐性-15%
レジストウインドポーション=風属性耐性+20%、土属性耐性-15%




違う種類のレジストPは効果が重複します。
なので、4種類飲むと、4属性耐性+5%、ということになります。

基本的には水レジPと風レジPの2つを重ねて飲むのが最もデメリットが少ないです。
(水+20%、風+5%、土-15%)
土属性の大魔法は存在しないからです。

↑の状態でジーク5をかけた場合、
属性相性は「水0%、火20%、土35%、風15%」となります。

他にも属性耐性装備は色々とあるので、工夫すれば
3属性までは100%耐性を得ることができます。


これはあくまでも基本です。
当然、裏をかいて攻撃側は土属性付与をしてくる場合もあります。

ただ、属性付与ADSが修正されたので、
20%程度の属性耐性の差が決定打になることは少ないと思います。

相手の攻撃が物理メインなのか魔法メインなのかを見極めるのがよいでしょう。




ここまでは誰でもできる領域です。
続いて、ラヘルスパッチで追加された
ヴァルキリーシールド(通称ヴァル盾)を使ってみましょう。

ヴァルキリーシールド=水、火、闇、不死属性耐性+20%

これに風レジPを併用します。

↑の状態でジーク5をかけた場合、
属性相性は「水0%、火0%、土35%、風0%」となります。



どう見ても無敵です。
本当にありがとうございました。

・・・古いネタは差し置いても、本当に危険な強さです。
なにせほぼ黄金蟲c状態なのにタラ盾が持てるのですから。
物理攻撃に対しても相当な耐久力を発揮します。

ただし、補助魔法はかかってしまうので注意ですが・・・



ところで、
ゴスリーン('A`) cがあるから別にイミューン装備じゃなくてもいいよ!
というリッチでブルジョワな方もいるかもしれません。

こんなのはいかがでしょうか。

ヴァル盾(水、火、闇、不死属性耐性+20%)
風レジ(風属性耐性+20%、土属性耐性-15%)
土レジ(土属性耐性+20%、火属性耐性-15%)
ガイアスc(土属性耐性+15%)
ジャックc(火属性耐性+30%)

↑の状態でジーク5をかけた場合、
属性相性は「水0%、火0%、土0%、風0%、闇0%、不死0%」となります。

まあ、ネタですね、ネタ♪
ええ、大好きですとも。





******************************************************
オマケ(・ω・)ポリーン

一応土属性系統の大魔法は「グラビティーションフィールド」ということらしいです。

ただし、固定ダメージで属性相性が一切ないこと、
黄金蟲cを無視してダメージを与えること、
カイトでも反射できないこと、

以上のことから、「グラビティーションフィールドは魔法ではない」という結論に・・・
どこまでも不遇な土属性。(・ω・)ポリーン



モヒトツオマケ(・ω・)ポリーン

「ノービスシールド」は無属性以外の全属性を20%軽減します。

つまり、ジークと併用することで無属性以外全て無効という
とんでもないユニットになれます。

でもノービス。
******************************************************






さて、ジークの効果が素晴らしいことはわかりましたが、
やはりというかなんというか、世の中いいことずくめとはいかないようです。

いってしまいました。合掌。



※状態異常耐性50%付与について

状態異常の多くは、除算による耐性と減算による耐性、
そしてカードによる除算耐性の3つの要素によって成り立っています。

代表的な計算式(%)スタンなど(凍結の場合はVitをMDEFに置換)
[基本成功率×{(100-Vit)+(敵Lv-自Lv-自Luk)÷10}÷100]×(カード耐性)

(100-Vit)              ←いわゆる除算部分
(使用者Lv-自Lv-自Luk)÷10 ←ここが減算部分
(カード耐性)             ←そのまんま。複数装備の場合加算。



アンフローズン鎧で凍結が防げるのは、
ここのcによる耐性部分が「0%」に設定されているので、凍らないわけです。

以前はこの部分を50%に書き換えていたためにマルクcを装備していても
凍ってしまうというバグがあったわけですが、現在は修正されているようです。
(07/08/04確認)

******************************************************
ちなみに、
「状態異常耐性」と「状態異常効果時間」は全く別に計算されます。

ジークが影響を及ぼすのは「耐性」のみです。

つまり、スクリームでピヨピヨする確率は変動しますが、
ピヨピヨする時間は変わらないということです。

Vitは上げられるだけ上げておきましょう。
******************************************************



この修正は多くの人が思っている以上に大きな修正となっています。
とーーーーっても簡潔に言えば、スタン耐性50%を得ることができます。

防衛時、LPの代わりにWiz部隊にかけておくことで
敵に利用されない上にスクリームにもびくともしない
強固な防衛ラインを築くことができるでしょう。


同じく、攻め時でも魔法で死ぬことがまずないために、
無詠唱Wizが「計算できる戦力」になれます。たぶんきっと。





もうひとつの可能性は平地戦です。
まあ、ほとんどの人はあまり接することもない戦いです。

ノピティギとEmCという2大スキルによって
平地戦の可能性はほとんど潰されてしまってはいるのですが。

平地戦が衰退する最も大きな、かつ最初の要因となったのは
「壁越しのスクリーム」であることに疑いはありません。

ジークを利用することである程度のスタン耐性が得られるのであれば
平地でも防衛線にあたる「陣」を組むことができるかもしれません。
LPと違って敵に利用されないことも大きなアドバンテージです。




「不死身のジークフリード」仕様まとめ

☆SG、MS、LoVを同時に無効化できる。

☆BSなら4大属性全てを同時に無効化できる。

☆ヴァル盾があれば6属性を同時に無効化できる。

☆ノービスなら無属性以外の全ての属性を同時に無効化できる。

☆LPと使い分けることで防御手段としても使うことができる。



 
******************************************************

理論編はここまでです。
いわゆる仕様の説明、というやつです( =ω=)

つまり、前フリに過ぎません( ゚д゚ )

使わなければどんなスキルだって宝の持ち腐れで危険がデンジャーです。

今回の変更によってジークが有効であると思われる場面が増えましたので、
次の記事から個別に考えて行きたいと思います。

 ⇒WP攻め編

 ⇒防衛編

 ⇒平地戦、庭防衛編


・・・ごめんなさい、時間がないのでしばらくお待ちください。

それでも当ページはいつでもチャレンジャーを応援しています。











オマケ(・ω・)ドロプース

噂「100%を超える耐性を得るとその属性攻撃でHPが回復する。」
→しません。少なくとも魔法は。

例外としてGXの反動ダメージ(聖属性)はジーク上で撃つと回復するようです。
フェイスにより聖属性耐性+50%があるので、
ジークとあわせて130%耐性となるからです。

ダメージの算出式はスキルによって様々です。
もしかしたら過剰に属性耐性を得ることで回復に転じるスキルがあるかもしれません。
もし見つけた人はひっそり教えてくださいね!



噂2「ジークの範囲外に出ても状態異常50%耐性、
   あるいは属性耐性+80%が維持される。」
→されません。

そうでなければ、一瞬だけジークを展開することで、
Wiz部隊は永遠にスクリームのスタン耐性を得てしまうことになります。





******************************************************
情報提供はWeb拍手までよろしくお願いします。

Web拍手

[PR]
by eaglewind3 | 2007-08-04 06:05 | 戦術考察
<< 本気で「不死身のジークフリード... 無限ボルト =20秒間の神話= >>